冬至とゆず湯

日本では、古くから冬至の日に「ゆず湯」に入ると『1年中風邪をひかない』という言い伝えがあります。
冬至→湯治(とうじ)、ゆず→融通(ゆうずう)をかけた語呂合わせから、『お湯に入って融通良く行きましょう』という意味があるようです。
京都東山荘では、毎年冬至にゆず湯をしています。ご宿泊いただいた方には、風情あるゆず湯をご堪能いただけます。