新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン

当館は、Go Toトラベル参加事業者に求められる感染防止の対策及び「宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン(第1版)」(以下、「ガイドライン」という。)を以下の通り実践しています。お客様にはご不便をおかけすることがあるかと思いますが、ご理解とご協力をお願いいたします。

 1.館内の定期消毒・清掃の強化
浴場(脱衣室・浴場内)、トイレ、ドアノブ、スリッパなど、利用者が頻繁に触れる共有箇所のアルコール消毒を実施し、定期消毒の強化を実施しております。また、食事会場、客室内のお客様が触れる部分は、客室清掃時、入室前、退出後に消毒剤を使ってふき取り消毒をしています。

 2. アルコール消毒液&フロントアクリル板の設置
玄関・フロント・客室・トイレ・洗面所・浴室などにアルコール消毒液を配置し、ご利用されるお客様には手の消毒をおすすめしております。また、アクリル板をフロントに設置し、飛沫接触を防止します。

   3. 換気の強化
ロビー、客室、食堂などが換気の悪い密閉空間にならないよう、窓開けなどこまめな換気をおこないっております。また、ロビー・客室に空気清浄機を設置しております。

 4. 従業員の体調不良者の管理体制の整備
従業員の健康管理については、マスク着用通勤、就業前の体温測定、手袋の原則着用、こまめな手洗い、うがいの励行を指導しています。
従業員がマスク着用のうえ、お客様に対応させていただいております。(場合によっては、フェイスガードも使用する場合もございます)
出勤前に検温を含む健康チェックを行い、発熱やせき、痰などの風邪症状や身体のだるさ等の症状がある場合は、勤務につかず自宅待機としています。
      5. 三密の回避
浴場や共用施設の利用について、人数制限や時間制限などを設け、密にならない状況に
努めています。また、レストランではテーブル・座席の間隔を離すなどの感染防止対策を実施しています。

 6. 館内施設(一部)の停止
公衆衛生を配慮し、喫煙室、ウオーターサーバーの利用を停止しております。

 7. ご宿泊のお客様
館内ではマスクの着用、入館時に直接の対面を避けるなど感染予防策を講じた上で検温と本人確認をお願いしています。
滞在中に発熱やせき、からだのだるさ等の体調不良が出たお客様には、直ちにフロントにその旨を連絡していただき、必要に応じて帰国者・接触者相談センター(075-222-3421)
へ報告、指示に従い指定の医療機関の受診をお勧めしています。入館時、お客様に検温等の体調チェックを実施し、発熱がある場合や風邪症状がみられる場合には、週末も含め、帰国者・接触者相談センターの指示を仰ぎ、適切に対応をとることにしております。

チェックイン時等に、「観光庁により、Go To トラベル事業をご利用いただく皆様へ~Go To トラベルのご利用に当たっての遵守事項~」をご案内させていただきます。
館内での大きな声を出すような行為、飲食の際の回し飲み等は、お控えいただきますようよろしくお願いいたします。
また、京都市新型コロナ『あんしん追跡サービス』により、当館で感染者の確認された場合、お知らせメールを送付するシステムがございます。ご宿泊の皆様にはQRコードよりのご登録をお勧めいたしております。詳細はフロントへお尋ねください。